ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.03.31 Tuesday

【受講者募集】ハセガワアユム(MU)が東急BEで4月より演劇講座の講師を致します。

 

《告知》
ありがたいことにいつになく好評かつ満員のMU『少年は銃を抱く』上演中ではありますが、わたくしハセガワアユムが4月より、カルチャースクール「東急BE」で演劇講師をします。

箱庭円舞曲の古川くんが先進で東急BEでやっており、1年以上続いてて(すごい!) 僕も演劇では二クラスめとしてはじめることとなりました。テーマは「あなたのことばがお芝居になる」僕らしいと思います。

MUのお芝居が気に入った方、すでに演技経験者の方から初心者の方、はじめての方まで幅広く募集しています。

以前までやっていたワークショップはもう当分開きませんので、オーディションも兼ねてという方も是非いらしてください。回数もコンパクトでお値段もリーズ ナブルな設定に致しました。MUのお芝居ってどうやって産まれてるんだろう、という箇所にも触れます。どうぞ、よろしくお願い致します。

(ハセガワアユム)

【詳細】
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2015040006DU00101.html

--------------------------

自由が丘演劇部

喫茶店でおしゃべりしているようなことも、実は立派なお芝居になるのです。ご自身の日常、例えば普段お茶をしているときの会話、様子などを思いだし、講師 の指導のもと演技してみることで、ひとつの「お芝居」「即興劇」を一緒につくります。あなたのことばをお芝居にしてみませんか?
また演劇メソッドによる、コミュニケーションを豊かにする方法や演技のコツなども分かりやすく指導します。演技経験者の方はもちろん、興味はあったけれど演技ははじめての方まで大歓迎です。年代も問わず、中高生のご参加もお待ちしています!

【スケジュール】

ー己紹介〜 (即興)エチュードをしてみよう
即興のレクチャーを行ないながら、実際に喋ってみることから始めます。
▲轡淵螢を読む
エチュードをもとに描いたシナリオを読んでもらい、立ち稽古をというものを行ないます。
7慮
セリフを覚えた状態で稽古をします。
と表会
ゴ響朮

【日程】

2015/04/28(火) 18:30〜20:30 408

2015/05/12(火) 18:30〜20:30 408

2015/05/26(火) 18:30〜20:30 408

2015/06/09(火) 18:30〜20:30 408

2015/06/23(火) 18:30〜20:30 408

【回数・受講料】

コース: 会員
回 数: 5回
受講料: 14,100円

【お問い合わせ】

【東急セミナーBE 自由が丘校】
TEL:03-5726-4153
受付時間:
 月曜〜土曜 10:00〜20:00
 日曜 10:00〜16:00
 年末年始および祝日の一部休業

----------------------------------

【チケット全ステージ完売!当日券御用意します】

MU『少年は銃を抱く』 2015.3.27(金)- 4.1(水)下北沢駅前劇場

公演情報詳細(出演者、地図、チケット料金など)

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957213

パンフレットよりご挨拶転載、あらすじ、登場人物紹介など

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957245

チケット予約フォーム(当日券も販売致します)

https://ticket.corich.jp/apply/61448/

カンフェティチケットセンターでも販売中
0120-240-540(平日10時〜18時)セブイレブン発券

御感想をまとめております!

http://togetter.com/li/800523

またCoRich! 舞台芸術!「見たい!」のコメント集っております
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=61448

[introduction]
祖父が戦時中にくすねた銃を、不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、それ以上でもそれ以下でもない。
繰り返す。それ以上でもそれ以下でもない。

銃を持つつもりじゃなかった、少年と少女たちの物語。

[MU公式サイト]
http://www.mu-web.net/

フェイスブック(更新頻度高めです!)

https://www.facebook.com/pages/MU/147282972040550

稽古場・制作日誌 MU-blog

http://production-blog.mu-web.net/

ツイッター(MU公式)

https://twitter.com/MU_web

[主催・問い合わせ]
MU制作 070-5374-7969
muweb.info@gmail.com
info@mu-web.net
劇場:03-3414-0019 (公演期間中)

----------------------------------


2014.06.04 Wednesday

6月のワークショップ兼オーディション(地下稽古)開催日程が決まりました。



御陰様で毎回、濃い地下稽古となっております。
ご参加戴いた方も楽しんで戴けてるようで何よりです。

6月の日程も決まりました。
6/18(水)、25(水)の2日間になります。

既にご応募戴いてる方には御連絡差し上げています。
応募要項など詳しい詳細はこちら
http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=17262

これからご応募する方は、先着順に調整致しますのでお急ぎください。
〆切は、各日程の3日前の深夜24時。18日開催は15日深夜24時までにメールにて送ってください。

幅広い方との出会いをお待ちしてます。
キャリアがある方でも遠慮なくご応募ください。

【問い合わせ・当日御連絡など】

MU制作:070-5374-7969 
muweb.info@gmail.com  
http://www.mu-web.net/

※写真は2013年にみきかせプロジェクトに参加した際の、朗読劇『想像』より

-----------------------------

[地下稽古のエチュードでなにをやるか]

MUの新作は狂犬に東京が囲まれる『狂犬百景』を予定。
これはゾンビ映画のような極限の設定なのに、どこかゆるく、そしてユーモラスに進行していくエチュードたちでした。
以前行なったのは、
狂犬に囲まれたコンビニ、
狂犬に囲まれた図書館、
狂犬に囲まれた女子校の鉄道研究部が地下鉄を駆使して皇居まで逃げる策を練ったり、
その狂犬のブリーダーがいたり、
などなど。

ほかにも東京メトロの迷惑防止ポスターがネタ切れなので、「新しい迷惑を考える」東京メトロ宣伝企画会議、などまったく関係のないものを同時に行い、ストックしている現状です。

あり得ない設定のなかであり得る会話を紡ぎ出す楽しさを、ご一緒出来ればと思っております。

[募集人数の残数]

6月
18日(○)
25日(△お急ぎください)

という、状況です。

※MUでは電子書籍で過去の戯曲を連日刊行中です。
ここ数日だけで新刊『神様はいない』(2009年上演、主演・足利彩、カトウシンスケ)、『めんどくさい人』(2010年上演主演・秋澤弥里、芝博文)、など、全てスマホから試し読み出来ますのでどうぞ御覧下さい。
http://store.retro-biz.com/list_o153.html

2014.05.10 Saturday

MU、2014年秋、2015年春公演に向けて出演者を本日より随時募集中。



MU、2014年秋、2015年春公演に向けて出演者を本日より随時募集中。
【〆切無し先着順に選考】
エチュードがメインの地下稽古に参加して戴きますので、いままでのシナリオメインのWSとは全く異なります。どうぞお気軽に。お待ちしています!
http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=17262&sv

------------------------

いつもお世話になっております。
MUのオーディション兼ワークショップのお知らせです。
〆切はなく、先着順、随時募集中ですので遠慮なくご応募ください。5月に行ないますが、6月にも開催予定です。

「MU主宰、ハセガワアユムです。このたびMUは、2014年10月前後(劇場未発表)、2015年3月末(下北沢駅前劇場)に公演を行ないますので出演者を募集致します。

ひとつ、いままでと決定的に変わったことをお知らせします。
MUでは、ただいま「地下稽古」と呼ばれるものを定期的に少人数で行なっています。これは公演に向けての稽古ではなくて、戯曲を書くため、またいま自分が 面白いと思っている課題やトピック、人物を掘り下げるため、好きな俳優に声をかけてはエチュードをしまくっております。僕からの指示が、ゴッドタンの矢作 の如く飛びますが、基本はエチュードがメインになっております。

現在、既に出演が確定していたり、僕が気になっている俳優を呼んで定期的におこなっている地下稽古に、応募して来てくれた方を何名かずつ混ぜて進んでいこうとしています。

いままで、コリッチで募集をした際にはシナリオを中心にワークショップなど行なって来たので、これは全面的に過去とモードが違います。だって、いきなりシ ナリオ渡されて稽古してもね(実際のMUの現場はそうなんだけど)、後ほどご案内戴いた舞台拝見して魅力を再発見した方もいたし・・・とある種、猛省して いる面もあります(笑) それと地下稽古は、自分が面白いと思うことが、本当に価値があるのか、多面的に転がるのか、を確認する場所としてでもあります。 以前のシナリオの稽古が難しかった方も、その人となりを発掘、発見したいので改めて参加してみて下さい。

1月に参加したイベント・新宿コントレックスで上演された『やっぱり猫が行方不明』、4月に脚本・演出で参加した小劇場アイドルユニット38mmなぐりー ずライブで上演された『卒業』、どちらも地下稽古で培われたものを戯曲の血肉にしております。こちらもサンプルが下記で読めます。

「あり得ない設定であり得る会話をしている」と初期から評されているMUの製作過程でもある稽古場で、出逢えたらいいなと思っております。また演劇、観劇 ファンの方の他薦も構いません。○○さん出たら似合うと思いますよ、○○さん出たいって言ってましたよ、などこちらもお気軽に御連絡ください。どうぞ、よ ろしくお願い致します。

(ハセガワアユム)」

--------------

[日程と概要]

※演技のジャンルとか出身とか系統とかは全然気にせず、ジャンルレスで結構です。演劇界のWSによくある、ゲームやマインド系の儀式、あだ名をつけたり鬼ごっこ系の類いは、一切やりません。会話劇を楽しくやりましょう。
※以前にWSオーディションへ参加・応募戴いた方でも大丈夫です。
※本公演はチケットノルマなどはございません。
※キャリアのある方のご応募も遠慮なく受け付けております。
※スケジュールの都合、出演は出来ないけど「MUのWSやオーディションを受けてみたい」という方も大丈夫です。その際は、備考としてその旨を忘れずにお書きください。

■候補日時

・5月
14日(水)、16日(金)、17日(土)、21日(水)、24日(土)、25日(日)
のいずれかの日程に行ないます。時間帯は18時〜22時。都内にて。6月にも開催予定です。
・多少の遅刻・早退は融通効きます。
・参加費(施設費、資料代含む)1000円
※エチュードメインですが、シナリオを数ページだけ稽古するので配布します。
物語の前後が解るように作品全体をまるまる送らせて戴きます。
※上記とは別に御参考にMUの電子書籍を一部プレゼント致します。

[応募資格と参加事項]

・10代〜50代の心身ともに健全な男女数名。
・MUの観劇経験は問いません。youtubeでも可。

[参考資料]

・MUの電子書籍、サンプルが途中まで読めます。
http://store.retro-biz.com/list_o153.html

・劇評サイト・ワンダーランド、クロスレビューにて『いつも心だけが追いつかない』が高得点をマーク。
http://www.wonderlands.jp/archives/21756/

・CoRich!における、MU関連の記事
http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=380

・MUの過去の短篇などダイジェスト動画など
http://www.youtube.com/user/mumumutube?gl=JP&hl=ja

[応募要項テンプレート]
下記をコピーしてお使い下さい。

■参加希望日(○をつけてください。複数可能)
希望日時から選定して1日ご参加をお願い致します。

5月
14日( )
16日( )
17日( )
21日( )
24日( )
25日( )

■氏名(芸名可)
■出身(都道府県)
■生年月日
■連絡先(携帯電話番号・携帯アドレス・PCのアドレスもあればそちらも)
■所属(劇団・事務所など)
■芸歴(劇場・脚本・演出家なども)
■MUの観劇有無(あれば作品名・無くても可・戯曲閲覧、またyoutube閲覧でも可)
■志望動機(フリーワードで構いませんが、MUのどこが気に入ったか、自分は俳優としてどういうスタンスなのか、など含めて書いてください)
■写真(写メールでも構いません)
バストアップ1点、全身1点。
■好きな映画、音楽、小説などあれば。
■普段、どんな役が多いですか? チャレンジするならどんな役を望みますか?
■愚痴とかありましたら、エチュードにて使いますのでどんな愚痴がありますか。

以上を明記の上、件名を「MU 出演希望・プロフィール」と明記してmuweb.info@gmail.com までメールにて送信してください。

先着順に書類選考させて戴き、参加者を決定して行きますので、御応募される方は出来るだけお早めにお願いします。

各〆切は、ありません。全て先着順に行ないます。予定日の前々日には確定致しますので、前もってご応募ください。どうぞよろしく御願いします。

【問い合わせ・当日御連絡など】
MU制作:070-5374-7969 
muweb.info@gmail.com  
http://www.mu-web.net/





各〆切についての訂正と、エチュードでどのような設定をやるのか、募集人数の残数などを追記致します。

たびたび失礼致します。
既に御応募戴いた方、ありがとうございます。


[締め切り]

基本的に随時受付けておりますが、開催日程の3日前(24時まで)とさせて戴きます。
例・24日ご参加希望の方は21日深夜24時締め切り


[エチュードでなにをやるか]

MUの新作は狂犬に東京が囲まれる『狂犬百景』を予定。
これはゾンビ映画のような極限の設定なのに、どこかゆるく、そしてユーモラスに進行していくエチュードたちでした。
以前行なったのは、
狂犬に囲まれたコンビニ、
狂犬に囲まれた図書館、
狂犬に囲まれた女子校の鉄道研究部が地下鉄を駆使して皇居まで逃げる策を練ったり、
その狂犬のブリーダーがいたり、
などなど。

ほかにも東京メトロの迷惑防止ポスターがネタ切れなので、「新しい迷惑を考える」東京メトロ宣伝企画会議、などまったく関係のないものを同時に行い、ストックしている現状です。

あり得ない設定のなかであり得る会話を紡ぎ出す楽しさを、ご一緒出来ればと思っております。

[募集人数の残数]

5月
16日(×)
17日(×)
21日(▲残り僅か)
24日(○受付けております)
25日(○受付けております)

という、状況です。

引き続き、幅広い皆様からの御応募お待ちしております。


【問い合わせ・当日御連絡など】
MU制作:070-5374-7969 
muweb.info@gmail.com  
http://www.mu-web.net/

※MUでは電子書籍で過去の戯曲を連日刊行中です。
ここ数日だけで新刊『神様はいない』(2009年上演、主演・足利彩、カトウシンスケ)、『めんどくさい人』(2010年上演主演・秋澤弥里、芝博文)、など、全てスマホから試し読み出来ますのでどうぞ御覧下さい。
http://store.retro-biz.com/list_o153.html

お世話になっております。
たびたびの投稿失礼致します。

21(水)も定員に達し、24(土)も定員になったので、
25(日)のみの受付になります。


6月は1、2回ほどしか予定しておりませんので、こちら25日に御応募お待ちしております。また6月しか参加出来ないけど・・・という方は先に書類だけでも御送りください。善処して調整致します。


[募集人数の残数]

5月
21日(×)
24日(×)
25日(○受付けております)

という、状況です。

引き続き、幅広い皆様からの御応募お待ちしております。


【問い合わせ・当日御連絡など】
MU制作:070-5374-7969 
muweb.info@gmail.com  
http://www.mu-web.net/

2012.04.01 Sunday

MU、2012年〜出演者募集、WSオーディション[先着で書類選考につきお早めに]



MUは2012年春以降に「少人数でのカフェ、バー公演」を数回・定期的に行います。
そのための出演者募集を兼ねたワークショップオーディションのお知らせです。

以外と落とし穴なケースなのが、すでに関係者なのに「出たい」って声が僕に届いてなかったり、「○○がMU出たいって言ってたよ」って噂も届いてなくて、それなら○○さん紹介してェ!なケースとか。業界の方や観劇ファンの方が「MUには●●が似合うよ」というタレコミなど、そういうケースも込み込みで、自薦他薦問わず、時間軸などもタイムレスでお待ちしています(笑)

結構あるし、デカいんだけよね。実は相思相愛だったのに、気付かなかったとか。もちろん普通にご応募戴いても大丈夫ですので。どしどしお待ちしています。詳しくはリンク先か「記事の続き」をどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MU、2012年〜出演者募集、WSオーディション[先着で書類選考につきお早めに]


続きを読む >>
2011.08.06 Saturday

2011年、夏のオーディションの風景(一部)



えー。MUは、ただいま夏のオーディション中です。御陰様で5日間のWSオーディション、全部定員となりました。嬉しいね。そして、募集文に毎回書いていて、プチ物議を醸すテキストがこれ(笑)

「演劇界のWSによくある、ゲームやマインド系の儀式、あだ名をつけたり鬼ごっこ系の類いは、一切やりません。シナリオを事前にお配りしておくので、会話劇を楽しくやりましょう。」

とかいって、この写真観る限りめちゃめちゃゲームやってんじゃねえかってツッコまれてしまう!ははは。これはねえ、シナリオをもとに3シーンほどみっちりやった後に「俳優の素をリアクション」「身体性」を観たい、という口実のもとやっております。あくまでおまけですが。結構好きです。通称"棒"って呼んでるゲームで、先日観劇した、双数姉妹『サヨナラ』のなかで明星真由美さんがやってたシーンからインスパイアして改良しました。棒は、さすがにバットから新聞紙に変更、目隠しは座頭市状態(セルフ)へ変更。その座頭市をくぐり抜けて、奥の宝物をゲットするルールです。
しかもオーディションという人材が集ってる場を最大限利用して、率先して殺陣をやってるという参加者に任命するので難易度が上がりまくり(笑)
作戦練ったり、盗人みたいだったり、バカ正直だったり、殴られてるのに可愛かったり、などなど。テキストの稽古では観れない、みなさまの表情や身体を沢山観て、〆ております。

まだ中日が終わったばかりで、あと3日あります。早くもビビビビビって来た人もいて、まだまだ色んな人と会わないと、常に会って行かないとと再確認。




こちらは終了後に中華。クレープが珍しくて巻きまくってやりました。レディたちは、MU出演経験あるのに、WSを真っ正面から受けに来てくれた岩崎恵ちゃん(左)。動物電気の松下幸史くんに紹介してもらった神谷亜美ちゃん(中)、彼女はヤバいよ、すげー面白い。来年2月、出演決まってます。今年の4月に既に速攻で決めてた。個人的・秘密兵器。も〜〜〜、かわいいのに、ヘン顔ばっかするから、上から可愛いの貼ってやりました。同じく遊びに来てた小西耕一くんが早速食いついていて、それも笑った。そして、最近MUに電撃加入してくれた、渡辺まのちゃん(右)お世話になりまくってます。この調子で残りの3日間も頑張りますー。

text hasegawaayumu(MU)

 次回公演は2012年2月、下北沢駅前劇場に決定。オーディション&ワークショップ開催 -

前回公演『5分だけあげる』情報TOP →稽古場・制作日誌(blog)  
■twitter(数時間ごとにつぶやき更新)
ハセガワアユム →MU(制作情報) 
CoRIch!(演劇口コミサイト、感想などお待ちしています)
■マイペースに映画や音楽の感想などwebDICEで連載中→
ハセガワアユムの日記 最近は『スーパー!』に感動して震えが止まらなかったみたいです。

世田谷FMゲスト出演した回が聴けます(MUの出自など赤裸々に) MUのPodcast(ネットラジオ)
『視点vol.1 Re:TRANS』(MU×ミナモザ×鵺的)の各賞が発表。(祝・MUは『無い光』で脚本賞を受賞)
ハセガワが編集に関わり、演劇レビューを沢山掲載している同人誌『SHINPEN』。好評につき二刷発売中(中野タコシェでも通販開始)

[MU]:080-3204-7066 info@mu-web.net site→www.mu-web.net

続きを読む >>
2011.07.26 Tuesday

MU、2012年2月新作公演(下北沢駅前劇場)の出演者募集![先着で書類選考につきお早めに]

 

こんにちわ。MUのハセガワアユムです。このたびMUは、2012年2月上旬に下北沢演劇祭に参加して、下北沢駅前劇場で公演を行います。作品内容は完全 新作で、ラジオ局を舞台にしたゾンビ芝居を予定しています。決してグロテスクなものではなく、冒険はしますがいつもどおりの尖った会話劇が中心です。

今回も新しい出会いを求めて出演者を若干名募集します。オーディションと、ワークショップの二種類を用意しましたので、御都合と御興味の合う方を御選びください。そのなかから選定させて戴きます。

演技のジャンルとか出身とか系統とかは全然気にせず、ジャンルレスで結構です。演劇界のWSによくある、ゲームやマインド系の儀式、あだ名をつけたり鬼ごっこ系の類いは、一切やりません。シナリオを事前にお配りしておくので、会話劇を楽しくやりましょう。

以前のWSオーディションでは、『無い光/変な穴』の公演に外山弥生さんと小西耕一さんを選出しました。

先月の公演『5分だけあげる』では、今城文恵さん、大久保千晴さんをオファーしました。

いつも素敵な出会いがあって非常に楽しみです。どうぞみなさま、お気軽に。
ちなみに写真は、最近見た傑作のドキュメンタリー映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』。いま最高にお勧めの作品です。(ハセガワアユム)

続きを読む >>
2010.10.19 Tuesday

MU、WSオーディション2010のお知らせ



MU-blogを御愛顧のみなさま、こんにちわ。

いわずもがなMUのハセガワアユムです。先日はミナモザと鵺的の二劇団と『視点』というイベントも無事、盛況に終わりまして誠にありがとうございます。お客様や関係者含めて、MUをやっていただけででは出逢えなかった嬉しい出会いが沢山ありました。今後ともよろしく御願いします。

MUは目下、映画撮影の為に動きつつ、2011年3月下旬よりロングラン公演、夏以降には大劇場で大人数よるゾンビ芝居を企画しています。そのため新しい方との出会いを積極的に行いたくWSオーディションを開催しますので、御興味持たれた方は是非御応募ください。10月は少人数でやりたく急遽行います(笑) 11月にもWSは予定しておりますが、10月の結果次第ではやらないので。書類だけでもお先にご提出戴けるとスムーズでございます。

ジャンルとか出身とか系統とか全然無視してくださって結構です。ちなみに演劇界に蔓延するゲームとか、マインド系の儀式みたいの絶対死んでもやりません。シナリオを事前にお配りしておくので、開始5分でガチンコでやります。どうぞみなさま、お気軽に。(ハセガワアユム)

→詳しい募集要項などこちら(重要) 

※御覧になれない方は下記の「続きを読む」をどうぞ。
続きを読む >>
2009.10.25 Sunday

WSオーディション、全部終わりましたー。


来てくれた皆様本当にありがとうございました。WS、全日程終了ー。初日と2日目が爆発して、3日目はなんか硬かったけど(笑)全然気にしないで。終了後、マイブラザー冠と韓国料理食べつつ会議、いろいろ白熱。応募総数76人前後、WS参加人数34人前後。約半分の人には会えた。あとこれでまた半分くらいに絞る。あとWSとは別に目利きした人にオファーもちゃんとしてる。任せて。俺はプロデューサー。

11月にはいろいろ公開出来そうです。写真はヨウジヤマモトあれっすね、いろいろ大変だったみたい。このWWD泣きながら買っちゃったよ、もう。不況の象徴ここに極まるって感じ。そんなゲットーな世界でミイラズばっか聞いてます。最高。



text hasegawaayumu(MU)
MU-web →twitter(数時間ごとにつぶやき更新) →MUの裏側 →MU SHOP(『神様』『片想い』戯曲シナリオ販売開始!)
前回公演情報TOP →前回公演のSTORY&登場人物紹介

■参加してくれた佐野みかげちゃんのblogにレポってある記事が面白いです。うーん、こんなWSあんまり無いよなあ。画像も拝借(感謝)。ボードに書かれてるのが、みんな大手でウケた・笑。エイベックスって舞台もやんだねー。
■ちなみに過去の短編『愛の続き』のテキストも読みましたし、いきなり立ち稽古でやってもらいました。評判良くて、再評価決定。当時のセルフライナーノーツはこちら。冠も言ってたけど、本当映画とか向いてると思う。台詞がいちいち引っかかるフックがあるんだよね。少女漫画のくせに。「バーチャルでいいから彼氏になって」って台詞、なんなんだよな。

2009.10.23 Friday

23&24、目下、WSオーディション中。




23&24、目下、WSオーディション中。こ、このナンは?そうあの笹塚の!
2009.10.15 Thursday

WS、二次〆切は今晩です。最終〆切になります。


御陰様で総勢60名を越す応募の中から一次選考通過された方には、メール送信しております。今晩の最終選考を持って、追加の方にもご連絡します。嬉しいコメントが沢山で、本当嬉しい。お待ちしておりますー。写真は4年ぶりの上野で、実は初めて入った上野公園。キリストも沢山居たけど、とても良い公演。もっと早くくればよかった。

追記・0時を回ったよー。だけどラストスパートでみんな送って来てくれて嬉しい(笑)明日の朝まで待ってますので、真夜中も遠慮せずどうぞ。

text hasegawaayumu(MU)
MU-web →twitter(数時間ごとにつぶやき更新) →MUの裏側 →MU SHOP(『神様』『片想い』戯曲シナリオ販売開始!)
前回公演情報TOP →前回公演のSTORY&登場人物紹介


■最近のテーマ曲は最高のB級映画のハイライトでガン流れしてたFRANKIE GOES TO HOLLYWOOD『Two Tribes(1983)』。PVも頭おかしい。
Powered by
30days Album