ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.07.20 Sunday

【ハセガワアユム完全書き下ろし短編提供・miel #003 『 す き と お り 』7/30-8/5 at スタジオ空洞】

 

【ハセガワアユム完全書き下ろし短編提供・miel #003 『 す き と お り 』7/30-8/5 at スタジオ空洞】

金崎敬江さん独自のパフォーマンスユニットmiel、劇作家数人の短編、ポエム、モノローグたちをガーリーかつ身体的な演出で彩ります。前作も脚本提供しましたが、MUの会話劇がマネキンたちの宴に演出されていて新感覚でした。MUでおなじみの古市海見子さん、ex.38mmなぐりーずの石井舞ちゃん、ハセガワ好みの顔の佐野功くんなど出演! ぜひ夏の夜におでかけください!(ハセガワアユム)
web site http://www.chainreactions.org/miel/

※『好き通り』改め『その好きは通らない』が架空ストアの電子書籍で販売開始されました


■提供作『好き通り』あらすじ
会社の喫煙ルームにタムロする喫煙族。ワールドカップ観てない、寝てない、テレビ観ない、とミサワ全開の尖った社員の愚痴に「家で何してんの?」と突っ込むと「恋をしてる」という煙たさ。煙草銘柄は人格の一部です、な会話劇。

■公演情報
miel #003 『 す き と お り 』

日程
2014年7月30日(水)-8月5日(火)

会場
スタジオ空洞(池袋)

<構成・振付・演出>
金崎敬江

<テキスト提供>
糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
末原拓馬(おぼんろ)
瀬戸山美咲(ミナモザ)
登米裕一(キリンバズウカ)
ハセガワアユム(MU)
米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)

<出演>
齋藤陽介(ホチキス)
佐野功
辻貴大(カムヰヤッセン)
野口卓磨
堀池直毅(少年社中)

石井舞
古市海見子
与古田千晃(T1project)
金崎敬江(miel)

<タイムテーブル>
7月30日(水) 19:30
7月31日(木) 19:30
8月 1日(金) 15:00★/19:30
8月 2日(土) 15:00/19:00
8月 3日(日) 14:00/19:00 ☆ハチミツの日にちなみ、イベントあり
8月 4日(月) 19:30
8月 5日(火) 14:00★/19:00
※開場は開演の20分前

<チケット>
前売 ¥3,200 当日 ¥3,500
(日時指定 整理番号付自由席)
★の回は平日マチネ料金 
前売 ¥3,000 当日 ¥3,300

<チケット購入方法>
Corich舞台芸術の公演情報ページ
から、お申し込み頂くか
メールにて
日時、時間、枚数、お名前、精算方法、DM希望の有無、希望の場合のご連絡先を記入の上
miel.miel.2010☆gmail.com(←☆を@に変えて)まで、お送りください。

<スタッフ>
照明 加島茜

音響 江村桂吾
音響操作 古川直幸

舞台監督 本弘
演出助手 鐡祐貴

制作 岩間麻衣子
制作補 後藤千鶴

衣装 川口知美(COSTUME80+)

スチール 三浦麻旅子

チラシデザイン nahooo
企画・製作 miel

協力:
ホチキス、カムヰヤッセン、少年社中、T1project、FUKAIPRODUCE羽衣、おぼんろ、ミナモザ
キリンバズウカ、MU、トリコ劇場、チタキヨ、ヘリンボーン、井上直之、鶴見直斗、LUGHUB、銀座ミツバチプロジェクト
2012.09.24 Monday

ハセガワアユムが小西耕一さんに脚本提供!(タイトル「欲望」)

ハセガワアユムが脚本提供しております。

提供先は小西耕一さん(何と、ひとり芝居!)による「中野坂上の変」(9.27-10.2)。
"四編の一人芝居に加え、ゲストを招いて小西脚本演出による二人芝居を上演します。"(こりっち公演情報より抜粋)とのこと。
その他の作家陣は櫻井智也さん(MCR)、舘そらみさん(ガレキの太鼓)、根本宗子さん(月刊「根本宗子」)。
そして、二人芝居のゲストは、奥野亮子さん(劇団前方公演墳)、山田奈々子さん、久保田南美さん、大竹沙絵子(国分寺大人倶楽部)さんという豪華な面々。

(公演チラシの以下の写真がやけにカッコよいのです)


提供させて頂いた「欲望」から一部抜粋すると、
「時間ないのに・・・なんで、まだエロいんだ!!!」って、理不尽にしか聞こえない、怒ってる背景が気になりすぎる(笑)ものや、
「そういうパターンもあるよな。・・・(八つ当たり)どんなパターンだ!!!」って想像しすぎて爆笑してしまった、ひとり芝居でのノリツッコミなどなど。
エロが濃く混ざった笑いが起き過ぎて、MUでおなじみの”狂気”の小西さんを想像すると笑顔が止まらない。笑
いつもに増して狂っている台詞多めで、ハセガワアユムが凝縮され過ぎな短編になっております。

作家陣、ゲストの女優陣含めて期待高まる要素ばかりですが、
一度に五種類もの狂った小西さんを観られると思うと、もうそこでニヤニヤが止まりません。
MU「いつも心だけが追いつかない」(10.1-8)直前に楽しみ過ぎる公演です。(制作 わだがき)

  - MU「少人数公演」第二弾、一介の変態教師と女子高生のプラトニックを描く。『いつも心だけが追いつかない』2012.10.1-8  at 乃木坂COREDO 前売発売中! 開演60分前よりフリマも開催! -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
チケット予約フォーム
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『いつも心だけが追いつかない』キスマークが印象的なフライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com
Powered by
30days Album