ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.03.26 Thursday

MU『少年は銃を抱く』ごあいさつ、あらすじ、登場人物紹介、チケット情報



いよいよ27日から上演します『少年は銃を抱く』のパンフレットのごあいさつ、あらすじ、登場人物紹介、チケット情報を転載致します。観劇の御参考に向けてよろしければ、お好みの箇所を御拝読ください。出演者総勢21人ですが全員滾っております。
「少年」「家族」「教師」の三部作で贈るフルヴォリュームの長編です。
心よりご来場お待ちしています。(MU制作)

[チケット情報]
▲完売間近、お急ぎください
3/27(金)19:30△
28(土)14:00▲/19:00△
29(日)14:00▲/19:00○
30(月)19:30△
31(火)19:30○
4/1(水)19:00▲
上演時間:140分

ご予約(ただいま劇場窓口で当日清算のご予約を受付中)
※諸注意ありますので必ず御覧下さい
https://ticket.corich.jp/apply/61448/

◎『少年は銃を抱く』作品解説に代えて。   
MU主宰 ハセガワアユム(脚本・演出) 


音楽を聴いて逃避してる人間なんて完全に負け犬だろ、なんて台詞が出て来ますが。僕が10代の頃になんとか生き延びて来れたのは、間違いなく音楽があったからです。いま見返すと照れるような歌詞に思いを重ねて、外国の空気を部屋に入れて、となりの部屋の祖母も半強制的に大音量で聴いてました(天国のばあちゃんマジごめん。でも寝てたよね!)。レコード屋で見つけた一枚が、まるで裏で売買される薬のような、どこかの部屋に入れるキーのような、女の子や友達と秘密を分け合うツールでした。どのバンドが好きかはひとのセンスを推し量るメーターで、「へーそれ好きなんだ」とヘラヘラ笑いながら「Aを聴いてるのに、Bを聴いてるやつは、本当のAの魅力を判ってない」と格付けするドイヒーぶりで(当時は若かったんですみません)まだ音楽が最大公約数の文化だったので「判ってる・判ってない」が踏み石のように転がってました。ひとを好きになるための地図にもなってました。

いま、自分がおっさんになってどうなったかと言うと。ひとが何聴いてようが超どうでもいいです。それがタフになったのか孤独になったのか、大人になったのかわかりませんが、変わらず音楽は聴いてます。リビングでカミさんがワンダイレクションを爆音で聴いていて、隣の自室ではジェイムス・ブレイク聴いてふわふわしてます。タワレコみたいにあっちこっちで適当に音が鳴ってて、猫が半強制的にどちらかの音楽を聴いています。
ただ、ああいう音楽に祈りを託すような聴き方は二度とないんだろうなと思います。

そういう10代を過ごした僕からすると、音楽なんか流行ってなくて「SNS」を渡り歩いて繋がれるいまの10代はずっと楽しそうに見えます。
だってまわり道や妄想なんていらねーじゃんって。
でも、きっとそれはこっち側からの視点であって、彼らも彼らなりの問題があるし。まわり道や妄想がなくて、現実しかないってのは逆にキツいかもしれません。
音楽がそんなに必要じゃない時代だから、じゃあ僕は音楽の代わりに彼らに銃を与えようと思った。
んー、違うな。銃を与えて自分もやり直してみようと思った、が正解かもしれません。
それがこの作品の全ての始まりです。 総勢21人。きっとあなたもどこかにいると思います。
この銃の感触が客席にもどうぞ届きますように。

◎あらすじ ※御観劇前に読んで戴いても問題ありません

16年前に歌手・江口光が庭先で亡くなってから「江口ハウス」と呼ばれる家にファンが集まりだす。その中には問題を抱えた不登校児の姿も多くあった。オーナーの息子である光雄は彼らを救うべく、祖父が戦中にくすねた銃をお守りとして分配するが・・・。
「少年たち」「家族たち」「教師たち」の視点が交差する全三部構成で贈る、ぶっ壊れた学園劇。

◎登場人物と配役紹介 ※( )俳優名

第一部 少年たち
小嶋光雄 ・・・ 江口ハウスを運営する小嶋家の長男。仲間に銃を分配する。 (小沢道成)
大岡山誠 ・・・ 江口光の熱狂的ファン。演劇部でハブられてる。角刈り。 (岡山誠)
福田栄人 ・・・ 江口ハウスの常連。引きこもりがちで死亡説まで流れた。 (友松栄)
猪戸モヨコ ・・・ ロック好きの地味っ子。 (ししどともこ)
明石健 ・・・ サッカー推薦で高校進学したが交通事故に遭う。 (古屋敷悠)
小川恵美 ・・・ 光雄の恋人。明るくも超こんがらがってる。 (小園茉奈)

菅井望夢 ・・・ 大岡山が所属する演劇部のOB。顧問に頼まれて演出を担当。 (菅山望)
鳴海唯 ・・・ 演劇部の部長。タフに生きている「女」。 (鳴海由莉)

第二部 家族たち
知和 ・・・ 江口ハウスのオーナー。光雄の父。 (成川知也)
尚司 ・・・ 知和の弟、晴臣の父親。自転車屋を経営。火事に遭う。 (大塚尚吾)
いつか ・・・ 光雄の姉。小説家。 挙動不審。 (真嶋一歌)
正 ・・・ 光雄の祖父。戦中に銃をくすねる。痴呆が進んでおり二階から降りられない。 (小野塚老)
晴臣 ・・・ 光雄の従兄弟。尚司の息子。いわゆるやんちゃ。 (斉藤マッチュ)

第三部 教師たち
梶浦(校長)・・・ 駒田高校初の女校長。 (久保亜津子)
青山(数学) ・・・ 馬鹿真面目。 (青木友哉)
古澤(英語) ・・・ 向上心高めなバツイチ。おしゃべりが故にマシンガンズと呼ばれる。 (古市海見子)
笹野(現国) ・・・ エロ正しい女教師。古澤とふたりでマシンガンズと呼ばれる。 (佐々木なふみ)
宮野(スクールカウンセラー) ・・・ もこもこしてるカウンセラー。 (宮田智佳)
佐川(情報処理) ・・・ 何事もスマートにこなすモテ教師だが。 (佐野功)
森木(化学) ・・・ 思ったことが口に出る狂気。 (森久憲生)
野崎(体育) ・・・ ぬるぬるしてる。水をよく飲む。 (山崎カズユキ)


主催・企画:MU 080-3204-7066 muweb.info@gmail.com ※各種オファー、御問い合わせもこちらへ。

[当公演のコンセプト]
MU『少年は銃を抱く』は三部連作で構成される、ぶっ壊れた学園劇です。
フライヤーに記載されている通り、「祖父が戦中にくすねた銃を、少年が分配する」物語です。

1999年に逝去した歌手・江口光が庭先で死んでいたため、その家がファンの聖地と勝手になり、
「江口ハウス」と呼ばれ存続している。そこで銃を配ることから物語がはじまります。
三部作なので、あらゆる視点が交差する構成となっております。

本作は、鴻上尚史さん主宰・虚構の劇団から小沢道成さんを、そして王子小劇場主催佐藤佐吉演劇賞2013最優秀助演男優賞・斉藤マッチュさんを主演に迎えており、また、多くがMU出演経験のあるオールタイムベストなキャスト陣で御贈りします。 
上演時間は140分となりますので、お手洗いなどお早めにご利用ください。

映画撮影や朗読劇、ギャラリー公演の数々を経て、MUは演劇の聖地でもある下北沢駅前劇場に、3年ぶりに戻って来ました。戦線に戻って来た気分で昂っております。どうぞごゆっくりお楽しみください。

MU主宰・ハセガワアユム



2015.03.13 Friday

MU『少年は銃を抱く』の宣伝で調布エフエム83.8MHz『ラジオボンバー』 3月14日(土)AM:1030頃出演!

 

《告知》MU『少年は銃を抱く』の宣伝で調布エフエム83.8MHz『ラジオボンバー』パーソナリティ:林あやさん 3月14日(土)AM:1030頃『芝居のススメ』に出演!ハセガワアユムと古屋敷悠、そして小沢道成さん&小園茉奈さんで参加します!


MU『少年は銃を抱く』3.27~
小沢道成さん、小園茉奈さん、斉藤マッチュさんのスリーショット!

ハセガワ曰く「男女の三角関係のバランスが大好き」で偶然三人ミリタリールックでした!

前売チケット売れて来ているのでお急ぎください!

△印は売れて来ていますのでお早めに。
3月27日(金) 19:30(△)
28日(土) 14:00(△)
28日(土) 19:00(○)
29日(日) 14:00(△)
29日(日) 19:00(○)
30日(月) 19:30(○)
31日(火) 19:30(○)
4月1日(水) 19:00(△)

----------------------------------

2015.3.27(金)- 4.1(水)MU『少年は銃を抱く』

公演情報&チケット予約
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=61448

[introduction]
祖父が戦時中にくすねた銃を、
不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、
それ以上でもそれ以下でもない。

繰り返す。

それ以上でもそれ以下でもない。

MU公式サイト
http://www.mu-web.net/

----------------------------------


2015.01.20 Tuesday

MU『少年は銃を抱く』公演情報_TOP



 
■ MU『少年は銃を抱く』公演情報 ■

※新規NEWSを記事末尾に更新していますので御覧下さい。

 2015.3.27(金)- 4.1(水)

[劇場]
下北沢駅前劇場(南口改札目の前)

東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

[脚本・演出]
ハセガワアユム(MU)

[出演]
小沢道成(虚構の劇団)
斉藤マッチュ
青木友哉
古屋敷悠(MU)
佐々木なふみ
古市海見子
小園茉奈(ナイロン100℃)
鳴海由莉(ブルドッキングヘッドロック)
真嶋一歌(リジッター企画)
久保亜津子(向陽舎)
森久憲生(TANGRAM)
岡山誠(ブルドッキングヘッドロック)
山崎カズユキ(ECHOES)
宮田智佳(トゥフロント
菅山望
大塚尚吾
ししどともこ(カムヰヤッセン)
友松栄
佐野功
成川知也
小野塚老

※コメント・写真付きの出演者紹介はこちら
http://production-mu.jugem.jp/?cid=38876

[Time]
3月27日(金) 19:30
28日(土) 14:00/19:00
29日(日) 14:00/19:00
30日(月) 19:30
31日(火) 19:30
4月1日(水) 19:00

※開場・当日券販売は開演の30分前
※上演時間:140分

[Ticket]
□前売 
自由席:3500円 
指定席:3800円
VIP席:5000円
※VIP =良席指定・電子書籍シナリオ付き(枚数限定) 
U-22割引:2500円
※U22=22歳以下、要身分証(枚数限定)
□当日:4000円 

・HPからのご予約
※全席種、予約可能

・カンフェティチケットセンター 販売中
0120-240-540(平日10時〜18時)
※自由席と指定席のみ購入可能。セブンイレブン発券。


[主催・問い合わせ]
MU制作 070-5374-7969
muweb.info@gmail.com
info@mu-web.net
劇場:03-3414-0019 (公演期間中)


[introduction]

祖父が戦時中にくすねた銃を、
不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、
それ以上でもそれ以下でもない。

繰り返す。

それ以上でもそれ以下でもない。


[あらすじ]

16年前に歌手・江口光が庭先で亡くなってから「江口ハウス」と呼ばれる家にファンが集まりだす。その中には問題を抱えた不登校児の姿も多くあった。オーナーの息子である光雄は彼らを救うべく、祖父が戦中にくすねた銃をお守りとして分配するが・・・。「少年たち」「家族たち」「教師たち」の視点が交差する全三部構成で贈る、ぶっ壊れた学園劇。

------------------------

MUから定期的に産まれる、ジュブナイルの皮を被った「ぶっ壊れた学園劇」。好評のこのシリーズの集大成にして最新作。
―― 祖父が戦時中にくすねた銃を、不登校の少年へ分配する。 お守り代わりとして銃を持ってしまった少年のベッドルームと、その行方を止められなかった親と教師たちの会議が交差する。
まさにMUとしか言いようのない、こんがらがったブルーの物語。 
主演に、鴻上尚史氏主宰「虚構の劇団」でエヴァーグリーンの輝きを放つ・小沢道成、王子小劇場主催佐藤佐吉演劇賞2013最優秀助演男優賞・斉藤マッチュを迎え、そして、多くがMU出演経験のあるオールタイムベストなキャスト陣。 
さらにMUは、2016年秋の三鷹市芸術文化振興財・星のホールのMITAKA�Next″Selectionに選出(!!!!!!!)
いま、まさに劇団として新しいシーンを迎える、この瞬間にご期待ください!

[recommend]
まるで当然のように、あまりにも普通に人間味のある歪みが流れるもんだから、一瞬気づかないんだけど、気づくと、何倍も作品がおもしろい。

だから見逃さないでほしい。瞬きするな、とは言わないけれど。『正常』と『異常』その二面性が、MUの『正しさ』とか『美しさ』だと、僕は思うのです。     

中島庸介(リジッター企画/キ上の空論)

[主宰より]
銃の扱いはいろんな意味で危ない。 創作においての「銃」はナイーヴな存在で、出てくるだけでチープにもなりかねないし、うまくいけば畏怖や権力や勇気を持つ秘密になる。このフライヤーで少年たちの銃が上品に白くくりぬかれているように、2丁拳銃でイエーイとどんぱちやるようなシーンは絶対にMUでは出て来ないけど(笑) 生活に降って来る銃として、居場所のない不登校の少年たちに渡してあげたかった。

いままでの「ぶっ壊れた学園劇」シリーズを振り返っても、美術教師が女生徒の体育着を白衣の下に着込んだまま離婚に悩んでたり、糞親子ごと爆破しようとする教師の授業参観や、公衆便所に住むホームレス高校生が呪いの絵をトイレの壁に描き上げたり・・。 本当「酷い」世界ではあるけど、彼らが戦う姿や相手はときに滑稽で劇場に笑い声が起き、そしてあまりに真摯で痺れたりもする。(Youtubeにどれか公開しておくので雰囲気だけでもご参考に)端的に言うと、ずっと僕はそうやって彼らを救ってあげたかったし、観客の誰かも救えるんじゃないかと思ってる。勝手ながらね。

今作は「少年と銃」をモチーフに「自衛」を描いて、その結果のどうしようもない答えを置いておく。少年も中年も女の子も淑女も高齢者も、いまの時代みんな燻ってるからこそ、 濁さない答えを置いておくから。それが間違ってようが、イッてようが、情けないものだろうが、右でも左でもなく、救いかどうかもわからないけど、必ず答えは置いておくから。絶対にMUでしか描けないバランスだから。 確かめに来て欲しい。
                           MU主宰・ハセガワアユム

【ハセガワアユム & MU(ムー)】 
「尖った会話劇」を、短編、長編、ギャラリー、劇場、問わず上演。あり得ない設定のなかであり得る台詞が連なり、歪な笑いとメッセージの整合性を持つ物語へ化ける。2014年は劇作家協会所属。第2回せんだい短編戯曲賞に著作『いつも心だけが追いつかない』が最終ノミネート、2015年に出版。脚本・監督で一編参加した池田千尋総監督作・映画『ミスターホーム』が上映。フライヤーに裏面に掲載されている舞台写真は11月に原宿VACANTで上演し完売した『狂犬百景』より。

【前回公演『狂犬百景』について】
MU、初の大人数による集団劇。狂犬が蔓延するどこにも行けない東京での連作で紡ぐ長編。ゾンビではなく「犬」にしたモチーフが反響を呼び感想が飛ぶ。前売完売御礼にて終了!

WEB・架空ストアにて、戯曲・シナリオの電子書籍版発売中。 スマホやiPhoneからも読めます。こちらの公演についての制作秘話などを、コメディ劇団・アガリスクエンターテイメントとの対談によるポッドキャストで配信中。詳しくはMUの公式サイトへどうぞ。http://www.mu-web.net/

------------------------------------

※本公演『少年は銃を抱く』は、あらゆる媒体の取材や企画お待ちしてます。お気軽にお問い合わせください。
担当:MU 070-5374-7969 muweb.info@gmail.com
http://www.mu-web.net/

[STAFF]
舞台監督:松澤紀昭 
照明:湯山和弘(METAL MOON) 
音響:高橋秀雄 
舞台美術:伊東龍彦 
宣伝美術・撮影:ハセガワアユム 
舞台写真:石澤知絵子 
演出助手:磯田浩一 
制作:塩田友克 
企画・主催:MU 

協力:出演者所属劇団各位、サードステージ、キューブ、大沢事務所、アイリンク、エコーズ、トゥフロント、スターダス・21、SOUL AGE、トルク

《MU × アガリスクエンターテイメント『紅白旗合戦』コラボ特典》
同時期に同じく学園モノ記念! 公演期間中にどちらかのチケットを持参し、もうひとつの公演にご来場すると両公演の電子書籍をプレゼント!

《NEWS》※随時更新

【Confetti (ハセガワアユム インタビュー掲載)】
http://www.confetti-web.com/sp/feature/article.php?aid=28&

【調布FM・ラジオボンバー「芝居のススメ」出演(ポッドキャスト配信中)】
http://production-mu.jugem.jp/?eid=957236

【MU『少年は銃を抱く』へチラシ折込を希望される団体さま】
Nextにて3/18までにお申し込み受付中。
http://www.next-nevula.co.jp/orikomi/03/mu.php
手折込みはありませんのでぜひこちらをご利用ください

【MU『少年は銃を抱く』(3.27-4.1)公演記念キャンペーン展開中!】
 _甬邵酩覆離轡淵螢をご来場先着150名様にプレゼン­ト!
https://www.facebook.com/147282972040550/photos/a.149695765132604.23348.147282972040550/594357137333129/?type=1&theater
◆悗みは死んでいる』動画を期間限定公開!
https://www.facebook.com/147282972040550/posts/604407786328064?aymt_tip=1&placement=aymt_hot_post_notif

2014.12.08 Monday

MU『少年は銃を抱く』WEBフライヤー完成!



 【WEBフライヤー完成!】

MU『少年は銃を抱く』2015.3.26-4.1下北沢駅前劇場、主演•小沢道成&斉藤マッチュ、あらゆる媒体の取材や企画お待ちしてます。「祖父が戦中にくすねた銃を現代の少年へ分配する」まさにMUとしかいいようがない!(制作)

ーーーーー

完全に勝ちに行ってる『少年は銃を抱く』仮フライヤー。写真は圧縮されちゃってますので綺麗なのもお待ちください。俺は映画撮って地下稽古経て狂犬百景経 て、再びMUを始めた頃の牙を取り戻してる。演劇やりたきゃ売れるしかねえんだ。だから、当時の牙を知ってる頼もしい俳優もリユニオンを頼んでる。オール タイムベストなキャストになっていて、まだ第二弾も控えてるのでお楽しみに。

撮影は俺と小沢くんのふたりきりで一眼レフ片手にシューティング。よく晴れた冬の午後、水面に映る光が小沢くんを染めたとき、なんかもう全部が来まった。 彼の表情は銃を構えているし、いまの俺の気持ちを代弁してくれているよう。作家としても演出家としてもいい波が来てるのは肌身で感じてる。

プロットは二年前に映画用に書き、界隈に評判も良かったが、プロデューサーには予算が厳しいと眠っていた、秘蔵っ子であり、かなりの自信作でもある。

銃はお守りとして分配され、それ以上でもそれ以下でもない。繰り返す。それ以上でもそれ以下でもない。

少年も中年も、たぶん女の子たちや淑女たちも、みんな燻ってる。燻ってるひとはみんな観に来て欲しい。どうしようもない答えを置いておく。濁さない。答え を置いておくから、それが間違ってようがイってようが、情けないものだろうが、必ず答えを置いておくから。確かめに来て欲しい。

(MU主宰 ハセガワアユム)
Powered by
30days Album