ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 動画シリーズ2 フライヤーお披露目風景 | main | ありがとうございます >>
2007.07.06 Friday

嬉しい悩み。


下北沢の曽我部さんの店、CCCにレコードを買うついでにチラシを置かせてもらう。ここのトイレには岡崎京子の『PINK』と『へルタースケルター』があり、始まりと終わりって感じがしてセレクトがいい。京子先生を用足しながら読むのも気が引けるけど、あると気が引き締まる不思議な空間。

何よりキャスティングに悩む。
何せ短編集ということもあり、総勢14名。バランス取りながらキャスティングを決めてます。MUはカッコ良く言えばコーネリアスで、かっこわるく言えば劇団ひとりな訳でして。まあ、これからも僕はMUでずーっとやってくんですけど。よくまあこんな魅力的な方々が集まったもんだと自画自賛ですよ、マジで。いま小劇場のシーンでこういうメンツを集める異議と、そこに確固たるメッセージがある。ひとりひとりが勲章であり誇りな訳です。

と打ち上げで言って、俺自身泣こうかと思ったセリフを書いてみたが、本当に嬉しい悩み。

もう書き終わる『×』での武田と哲子の関係がヒリヒリしてるので、そこ終わったらバーっとまた考えようと思う。後半の流れ、杉木コタくんにラーメン食べながら話したら爆笑してたな(笑)。それぞれ短編ならではのすげえ投げ方かましたい。辻褄合わせとかは三谷幸喜先生にお任せしておけばいいんです。メッセージの前ではそんなのどーでもいいっす。

■ちなみに買ったレコードは曽我部恵一『MUSIC!』のDJヨーグルトremix盤。
あとホフディラン復活しましたが、めちゃくちゃいいのでビックリしました。Blonde Redhead(ブロンド・レッドヘッド)『23』、ひさびさにジャケ買いしましたが、かなりのツワモノだったことが判明。


チケットいよいよ7月7日発売です!
先行特典などありますので、みなさまひとつヨロシク御願いします!

text hasegawaayumu
→『きみは死んでいる/その他短編』公演情報TOP
→http://www.mu-web.net/


■本日の気になる動画↓
Blonde Redheadの話題のジム・ジャームシュのPVはこちら。
ゴキコンのエクアドル先生いわく、「まだジャームッシュ信仰してるのは危ない」らしいし、俺も激しく同意なのですが、まあこのPVはいいですよ。


基本的にはマイブラやシューゲイザー系ど真ん中なんだよね。
昔、「ギター」ってバンド居たよね?和洋二人組で。アレに近いっす。


なにより、ホフディラン『はじまりの恋』。もーーー最高にいいのは。
ゆるいベイビーがマジで。真面目過ぎるユウヒが遊んでること。
この引っ張り合うバランスは捻くれ過ぎず、ストレートすぎずの90年代スピリッツ全開ですが(笑)いや、これがいいんですよ。年代関係ないって。
二人の共作というのも涙出そう。Cメロとドラムが泣ける。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album