ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熱狂のMU『少年は銃を抱く』いよいよ残り3ステージです | main | MU『少年は銃を抱く』千秋楽(エイプリルフール)まで完売。当日券出します。 >>
2015.03.31 Tuesday

【受講者募集】ハセガワアユム(MU)が東急BEで4月より演劇講座の講師を致します。

 

《告知》
ありがたいことにいつになく好評かつ満員のMU『少年は銃を抱く』上演中ではありますが、わたくしハセガワアユムが4月より、カルチャースクール「東急BE」で演劇講師をします。

箱庭円舞曲の古川くんが先進で東急BEでやっており、1年以上続いてて(すごい!) 僕も演劇では二クラスめとしてはじめることとなりました。テーマは「あなたのことばがお芝居になる」僕らしいと思います。

MUのお芝居が気に入った方、すでに演技経験者の方から初心者の方、はじめての方まで幅広く募集しています。

以前までやっていたワークショップはもう当分開きませんので、オーディションも兼ねてという方も是非いらしてください。回数もコンパクトでお値段もリーズ ナブルな設定に致しました。MUのお芝居ってどうやって産まれてるんだろう、という箇所にも触れます。どうぞ、よろしくお願い致します。

(ハセガワアユム)

【詳細】
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2015040006DU00101.html

--------------------------

自由が丘演劇部

喫茶店でおしゃべりしているようなことも、実は立派なお芝居になるのです。ご自身の日常、例えば普段お茶をしているときの会話、様子などを思いだし、講師 の指導のもと演技してみることで、ひとつの「お芝居」「即興劇」を一緒につくります。あなたのことばをお芝居にしてみませんか?
また演劇メソッドによる、コミュニケーションを豊かにする方法や演技のコツなども分かりやすく指導します。演技経験者の方はもちろん、興味はあったけれど演技ははじめての方まで大歓迎です。年代も問わず、中高生のご参加もお待ちしています!

【スケジュール】

ー己紹介〜 (即興)エチュードをしてみよう
即興のレクチャーを行ないながら、実際に喋ってみることから始めます。
▲轡淵螢を読む
エチュードをもとに描いたシナリオを読んでもらい、立ち稽古をというものを行ないます。
7慮
セリフを覚えた状態で稽古をします。
と表会
ゴ響朮

【日程】

2015/04/28(火) 18:30〜20:30 408

2015/05/12(火) 18:30〜20:30 408

2015/05/26(火) 18:30〜20:30 408

2015/06/09(火) 18:30〜20:30 408

2015/06/23(火) 18:30〜20:30 408

【回数・受講料】

コース: 会員
回 数: 5回
受講料: 14,100円

【お問い合わせ】

【東急セミナーBE 自由が丘校】
TEL:03-5726-4153
受付時間:
 月曜〜土曜 10:00〜20:00
 日曜 10:00〜16:00
 年末年始および祝日の一部休業

----------------------------------

【チケット全ステージ完売!当日券御用意します】

MU『少年は銃を抱く』 2015.3.27(金)- 4.1(水)下北沢駅前劇場

公演情報詳細(出演者、地図、チケット料金など)

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957213

パンフレットよりご挨拶転載、あらすじ、登場人物紹介など

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957245

チケット予約フォーム(当日券も販売致します)

https://ticket.corich.jp/apply/61448/

カンフェティチケットセンターでも販売中
0120-240-540(平日10時〜18時)セブイレブン発券

御感想をまとめております!

http://togetter.com/li/800523

またCoRich! 舞台芸術!「見たい!」のコメント集っております
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=61448

[introduction]
祖父が戦時中にくすねた銃を、不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、それ以上でもそれ以下でもない。
繰り返す。それ以上でもそれ以下でもない。

銃を持つつもりじゃなかった、少年と少女たちの物語。

[MU公式サイト]
http://www.mu-web.net/

フェイスブック(更新頻度高めです!)

https://www.facebook.com/pages/MU/147282972040550

稽古場・制作日誌 MU-blog

http://production-blog.mu-web.net/

ツイッター(MU公式)

https://twitter.com/MU_web

[主催・問い合わせ]
MU制作 070-5374-7969
muweb.info@gmail.com
info@mu-web.net
劇場:03-3414-0019 (公演期間中)

----------------------------------


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album