ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「MU、新体制で四人になりました」お知らせと決意表明(2017.1.1) | main | MU『GIRLS』2017.5.24-30 公演情報_TOP >>
2017.01.20 Friday

シアターミラクル祭'17(通称ミラフェス'17)に、ハセガワアユムグループが『CANDY CITY』で参加します!

MUが四人になりSNS放って満身創痍で動いてたら逆に心配されるという(笑)そんな私ハセガワアユムですが、MUも5月公演に向けて下地を拵える(橋田壽賀子ワード)ため動きつつ、なんと! 来月の2.18〜26にあの、シアターミラクル祭(通称ミラフェス)が再びあり、私はハセガワアユムグループという(パティスミスワード)名義で参加します。

ハセガワアユムグループ『CANDYCITY』
構成・演出:ハセガワアユム(MU)
出演:加藤なぎさ、森口美香、モリサキミキ、榎本純、兎洞大、織田裕之
協力:自由が丘演劇部 フライヤーモデル:加藤なぎさ 写真:萱怜子 デザイン:ハセガワアユム
前回のミラフェスや『狂犬百景』でもおなじみの、全身全霊で頼りにしてます、加藤なぎさ&森口美香コンビ。さらに『MY SWEET BOOTLEG』でオタク女子を好演してくれたモリサキミキちゃんを彼女たちに組ませたら、こう三姉妹的なノリになるのではと思い立ったのが正解で、もう一緒に歩いてるだけで三姉妹オーラが出てるという。そしてMUが『HNG』で参加した15mmで、ジエン社に参加して独特の空気を出しつつMUを気に入ってぬるぬるんと話しかけてくれてからの縁の榎本純くん。同じくその15mmで20歳の国に出演してた兎洞大くんも学ランを着てるのに「僧」みたいな出で立ちで、しかも物販のときMUの戯曲を買いまくってくれて、「共演者なのに物販に!?」と俺を嬉し震いをさせてくれたのでやっと相思相愛オファー。織田裕之さんは、横浜演劇人で僕が所属する日本劇作家協会のリーディング部の事業で結構繋がりがあってそこで知り合いましたが、なかなかファイトなおじさまで、乾杯のビール組みながら「MUやりたいな!」みたいなテンションで、みなさんご存知でしょうが僕は「オジサン俳優」に目がないので即オファー。と、じっくり書いてしまいましたが、その3×3の座組で稽古初日に本読みしてたら早速女役が足りなくて、おじさんがおばさんになることは決定済みの、なんかもういい意味ですっごいラフな、コント的短編集をやります。

 

「コント的」というのはある種コントなんだけど、どうしても可愛らしかったりペーソスが満ちる「物語」になってるので、MUと似てて、どこか違うさじ加減も楽しんでもらえたら。僕が演劇講師でレッスンしてる東急BEに自由が丘演劇部という講座がありまして、マダムと演劇人がハイブリッドでエチュードをして「物語」をつくるという講座なのですが、そこから産まれた短編たちがいい具合にストックされて「誰かに見られたがってる」芽と、俺の中の「誰かに見て欲しい」という欲求が結実している場でもあります。なのであくまで僕は加筆修正もエチュードディレクションも演出もしてますが、あえて脚本とは明記せず「構成・演出」とクレジットしています。MUとはまた違う、個人的なソロ活動、ハセガワアユムグループを是非ご観劇ください。「楽しむ」がモットーで、2016年のミラフェスでは、その後MUのシングルカットともいえる好評の短編『その好きは通らない』も初演出で上演しました。それを「ラーメン屋に並ぶ呪文暗記」の短編と「出雲神社へ向かうスタバで落ちぶれた元夫を目撃」する短編でサンドイッチしてました。それも上記の講座から産まれたのです。

 

劇団のカップリングとして「劇団ミックスドッグス」と一緒に上演します。

きらきらした若手の劇団がキャラメルボックスを現代風に解釈したようなポップなお芝居です。

他のチームも、是非おすすめですので。お客様にも楽しんで戴けたらと、お待ちしています!

 

追伸>森口美香ちゃんは、通称「森口っちゃん」という役名とハイテンションメガネな役作りが去年から産まれて、次の『狂犬百景』でもそのまま手塚治虫ばりのスターシステムで、森口っちゃんとして出演してました。今回も森口っちゃんで行くか悩んでましたが、もうさらにその上をいく超森口っちゃんしかない気もしてて。その結果は劇場でお確かめください。なぎさちゃんはいつもの「困りスマイル」でしなやかににこにこ支えてくれてるでしょう。

 

ハセガワアユム(MU)

 

【ミラフェス'17(シアター・ミラクル祭'17)参加『CANDY CITY』とイベント情報】
フリマで隣り合ったおじさんが勝手にあたしの売り物とコラボして売ろうとする、
バイト先のスーパーでは家出した主婦が居候先を転々としててあたしにお鉢が回って来そう、
密かに狙ってる病院の先生は人気者で彼の誕生日の待合室はあたし以外にもどんどん来る、
嗚呼、もうなに?この街!な3つのコント的短編集。

―――昨年も好評のシアター・ミラクル祭がまたやってくる! 

MU主宰がソロとして活動するハセガワアユムグループも再登場!

フジタタイセイ×アリソン・グレイス、

たすいち、

劇団ミックスドッグス、

と共演する、ハセガワアユムグループ、

ミラフェス'17参加作品『CANDY CITY』。

 

 

■公演は2バージョン、【A】と【B】があります

ハセガワアユムグループは【B】です!お間違えないように!
【A】
フジタタイセイ×アリソン・グレイス『TranscendentExpress』
出演:藤本悠希(明学小劇場)、シマザキタツヒコ、渋谷裕輝、竹林眞葵、星澤美緒、久保瑠衣香(W.FOXX)、フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)、
たすいち「堕天のスゝメ」
出演:安藤優花、杏奈、梅澤奈那(しあわせ学級崩壊)、高口修一、小太刀賢(たすいち)、佐瀬ののみ、関山未来、坂内陽向、脇領真央、
【B】ハセガワアユムグループ『CANDYCITY』
出演:加藤なぎさ、森口美香、モリサキミキ、榎本純、兎洞大、織田裕之
劇団ミックスドッグス『やねうらコスモス』
出演:安藤優花、久保磨介、竹内なつき、沼田天音、林弘平(劇団ミックスドッグス)、ほか
■会場
新宿シアター・ミラクル
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル 4階
JR新宿駅より徒歩8分、西武新宿線新宿駅より徒歩2分
地図はこちら
■チケット
【発売日】2017/01/21 AM10:00より
個別予約フォームがあるので是非ハセガワアユムグループ一同からお買い求めください!
予約されると俳優の活力となり舞台へと循環されていきます。是非応援を!
ハセガワアユム 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/004/
加藤なぎさ 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b19/
森口美香 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b20/
モリサキミキ 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b24/
榎本純 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b23/
兎洞大 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b22/
織田裕之 予約フォーム→http://ticket.corich.jp/ apply/80220/b21/

前売り/予約/当日券・・・2500円
リピーター・・・・2000円(別バージョンでもご利用いただけます。)
ABセット券・・・・4500円
■タイムテーブル
ハセガワアユムグループは【B】です。お間違えないようにお願いします。
2月18日(土) 14:00A/19:30B
2月19日(日) 14:00A
2月20日(月) 19:30A
2月21日(火) 休演日
2月22日(水) 19:30B
2月23日(木) 19:30A
2月24日(金) 19:30B
2月25日(土) 14:00B/19:30A
2月26日(日) 14:00B
※開場は、上記の開演時間より30分前になります。
■演劇口コミサイト、こりっちトップページ(こちらに情報がまとめてあります)
■ハセガワアユムグループ『CANDY CITY』トップページ(この記事になります)
■シアター・ミラクル祭全体に対するお問い合わせ
03-5155-0788 MAIL:bureau@t-miracle.jp
■ハセガワアユムグループ『CANDY CITY』出演者、関係者のツイッターリストはこちら
稽古日誌や、コント的進捗を一緒に楽しめます!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album